12月3日におかげさまで7年目を迎えることができました。

 

これからも精進してまいりますので今後ともよろしくお願いいたします。


    平成23年3月11日の津波とそれに伴う火事によって町中にあった旅館を失い、一時は廃業を考えましたが、翌年12月3日に現在の場所で小川旅館―絆館―として仮再建し、再開から7年目を迎えることができました。
これもひとえにご利用下さいましたお客様、そして応援して下さった全国の皆様のおかげと心より感謝致しております。


  元々旅館のあった場所の盛り土工事、区画整理は終わったものの資金面等の課題もあり本設での再建の見通しは立っておりませんが、いつかご先祖様から受け継いだ元の場所で「小川旅館」を再開できるよう頑張っていきたいと思っておりますので、今後ともなにとぞご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 

★ご予約、受付しております!
お部屋のご予約は宿泊予約・プランのページを御覧ください。
お電話( 0193-42-2628)でもお受けしています。
皆様のご来訪、心からお待ちしております。

絆館の外観
絆館の外観

女将のつぶやき

2019年

1月

02日

今年も年賀状が

 

 おらは学生の時がらの松本白鸚さんの大ファン。

 今年も白鸚さんど幸四郎さんがら年賀状届いですっげぇ嬉しがったぁがぁ。

 いちファンにもこうしてお手紙頂いてありがてぇ事だって思ったぁがぁ。

 

2019年

1月

01日

震災を忘れない

 

 今年の正月は家族で出掛げで、自分達の家のあった所どが旧役場、そして町の中を子供達ど車でまわったぁがぁ。

 自分達の家のどごさ降りっと子供達すっげぇ懐かしそうで昔の話っこをし始めだがぁー。

 そして旧役場さば今年壊す予定だっつうので、やっぱし車がら降りで手を合わせできたぁが。

 ここは沢山の職員さんが犠牲になられで、まだこごで娘さんを亡くされで昨年3月に亡くなられたヒデさんに会えるようなそんな場所だったんだども、なんがすっげぇ悲しい気持ちになったぁがぁ。

 子供達さば震災を忘れないように、まだこの風景を忘れないように心の中に刻むようにって話っこしたぁがぁ。

 本当・・・震災を忘れねぇで欲しい・・・。

 

2019年

1月

01日

元朝参り

 

 年越しの夜には主人と長男、次男は元朝参りすんだぁども、おらど娘は元旦の朝に・・・。

 近ぐの小鎚神社さ行ってお参りしてって、子供達や家族の事だげでねぐ今かがえでいる仮設の店舗の問題が一日も早ぐ解決でぎますようにって、拝んできたぁども・・・まだ不安の一年の始まりだがぁ。

 そんでも今年一年いい年でありますように!!

 

2019年

1月

01日

新年

 

 新年あけましておめでとうございます。

 昨年中は沢山の方々にお泊り頂き感謝申し上げます。

 本年も頑張って参りますので、今後ともお引き立てのほど宜しくお願い申し上げます。

 

2018年

12月

31日

ほれ、がんばれ~

 

 お正月つうど、モチつき・・・。

 昔は臼があってそれでモチついだって、そんでもおらが子供の頃には臼はあったぁども、おモチは頼んでついでもらってらったぁような・・・。

 結婚して子供がでぎで、ずーっと子供ど一緒にモチつきすってぇなぁって思ってらったぁがぁ。

 そんでもモチつき機は高くて買えねくて、震災後頑張ってモチつき機買ってがらは正月に皆そろうどモチつき機でモチつぐって。

 今年は4月がら社会人になって秋田さ行ってしまう次男ど長男の二人に頼んでやってもらったぁがぁ。

 そんでもモチ取り出す時にあっちゃこっちゃさモヂっこついでで、”ありゃ、もってぇねぇがぁ、どれぇ、かせぇ~”って、結局最後まで二人にやらせるつもりが、おらが我慢でぎねくてやってしまったぁがぁ~。

 やっぱ息子は寅年の次男、寅年の母さんさばなれねがったぁがぁー。

 

2018年

12月

27日

小川旅館のおじさん、おばさん

 

 毎年12月に東京がらおらいさお泊りさ来てける親子の方があって、今年もご家族でお泊りさ来てけだがぁ~。

 さぎめに来た時は小学校の低学年だったのがなぁーもう声変わりもしそうで、体も大っきぐなって、おらど同じぬいぐるみが好ぎで話っこすっと楽しぐなってくんがぁ。

 おら達さ小川旅館のおじさん、おばさんってお手紙くれだりしてありがてぇ事だって思うがぁ・・・。

 来年も来てけっぱいいなってそう思うがぁ。

 それまでおら達もがんばんねばね。

 

2018年

12月

24日

おらいさサンタさんだぁ~

 

 震災からボランティアで被災した人達さ支援してきた人達。

 12月には100人サンタさんって仮設の住宅さプレゼント届けるっつう事をやってきてだサンタさんに参加してる人達が数人だどもおらいさお泊りさなってけだがぁ~。

 なんかサンタさんの恰好して玄関入ってきて、おらいさもサンタさん来たみってぇですっげぇ嬉しぐなってきたぁがぁ。

 世の中の人達はクリスマス何プレゼントされだんだべが?

 一番は沢山の幸せプレゼントしてもらいってぇね。

 いろいろな自然災害でまだ大変な思いをしてる人達が早くおぢづいだ生活が出来ますようにって祈ってんがぁ。

 がんばっぺしね。

 

2018年

12月

23日

ノリシゲさん?

 

 夜にお泊り予約のお客さん。

 見でみっとどっかでみだぁような・・・。

 ”あれあれ、「ナンダモンセ」の人”って、名前が出てこねぇ。

 玄関さ出でみで、ノリシゲさんだって。

 ご一緒に来た方も松本哲也さんって被災地で音楽活動をなさってる有名な方・・・。

 お二人にサインとお写真お願いすると心よぐうげで下さってありがてぇって思ったぁがぁ。

 ノリシゲさんは大槌出身の歌手の方。

 皆さん、お二人の応援よろしくお願いしやんすね~。

 

2018年

12月

14日

大槌弁

 

 こごんどご、いろーんなどごで大槌弁使って歌っこうだったり、劇したりど少しずつ大槌弁が浸透してんがぁ~。

 テレビで見だぁども、大槌の歌手でノリシゲっていう人が歌っこうだってて、

 ”けぇけぇけぇ(食え食え食え)、あずぎばっと けぇ”とか、”すっぷく けぇ”どがって。

 それ聞いだっきゃ~ふと浮かんだ会話が、

 ”柿食うが?”

 ”柿食うがぁ”

 ”そんだば切ってやっから、けぇけぇ、柿けぇ”って。

 それに何がしゃべる前さば、”だぁ~”どが、”ばぁ~”どがしゃべって、これって「あいうえお」を子供さ教えっとぎにおもっつぇぐねぇがって。

 

 だーだーだーだー だぢづでど

 ばーばーばーばー ばびぶべぼ

 かきくう? かきけぇ かきくけこ

 

 何かそう考えだっきゃー笑わさってきたぁがぁ。

 こんな発想っておらだげがな?

 大槌弁いっぺぇ浸透して、大槌さ来てける人いっぺーになればいいなぁって思うがぁ。

 

2018年

12月

13日

だぁ、なんじゃぁ~

 

 東京の専門学校さ行ってる次男、来年で卒業すんだぁども、いっつも帰って来る時はおみやげ必ず買ってくんがぁ~。

 今年はなんたんだぁが、先に送ってきたのぉはいがったんだぁども、何だが着払い。

 ”だぁ、お土産着払いがぁ”ってあげでみっと、”だぁ、なんじゃぁこりゃぁ”

 でっけぇどら焼き1コだけ入ってで誰が食うんだこんたぁのって、そんくれぇでっけぇどら焼き。

 ”本人が食べっから買ったんだべぇ”ってしゃべって賞味期限見っぱ12/17、あいつが帰ってくんのが21日・・・。

 たった4日過ぎるくれぇだがら、かんねぇでしまっとくべぇって事に。

 そんでも1コ4000円近くのどら焼ぎなんて・・・、食べさせってぇって気持ちはわがっともお金もったいねぇって思ったぁがー。