だんだんと町の中に家が建ち始めてお店やってる人達も本設さなって、おらいはまだ仮設のまんま。

 毎年毎年期限さ追われで気持ちがずっと落ち込みがち・・・。

 一日の仕事終えで月がではってるのを見っと、何故が自然と涙がこぼれでくんがぁー。

 おらにとって月は父、今日の月もそんなおらさ父が優しぐ見ででけでるようで・・・。

 でも、どごまで頑張っぱいいんだべぇ。

 弱音吐ぐのずーっとガマンしてきたども、こんたぁ事思うのは年のせいだべが・・・。

 早ぐ元の所さ戻れるようにがんばんねばね。